鹿島株価のランキングを紹介します

鹿島建設株式会社は1930年に設立された大手総合建設会社です。5社ある大手ゼネコンに含まれます。本社は東京にあり、東証1部と名称1部に上場しています。超高層ビルの建設や、原発技術を得意としています。身近なところでは、東京駅丸の内駅舎の復元工事などを担当。これから鹿島建設株式会社の株式市場でのランキングについて紹介します。
鹿島の出来高のランキングは、2014年4月は69位と100位以内になっています。東証一部への上場企業数が約3400社なので、このランキングはかなり上位と言えます。実際には、2014年4月24日現在だと200万株以上の出来高。それだけ活発に株式の売買がされているのです。株式投資をする上で、この出来高は重要な情報の一つです。売り注文や買い注文を出したとしても、取引自体が少なければ実際に売ったり、買ったりすることはできません。出来高が多いと売買を行いやすくなりますので、この出来高ランキングも株式取引の際には確認することをおすすめします。また他のランキングでは、時価総額で198位となっています。
現在の鹿島株価は570円台、売買単位は1000株なので、取得には570000円の資金が必要な銘柄です。配当金は5円を予定。また、最近10年は連続して、配当金が出ています。最低でも5000円の配当は受けられるお得な銘柄となっています。
鹿島株価をチャートで確認すると、最近1年は上昇中です。また、過去10年間で見ると、2006年に最高値を記録しその後下降、2011年に底値となった後は、ずっと上昇しています。鹿島株価の2006年の最高値は804円。現在の株価は570円台、上昇中ですがこの最高値には及んでいません。今後まだ上昇が期待できる銘柄といえます。